晴れている日は皆さん紫外線対策をしっかりしていると思いますが、雨の日や曇りの日は紫外線対策はどうしていますか?

日焼け止めクリームを塗るのも結構面倒ですし、直接日光が当たらなければ大丈夫だろう・・・なんて油断していませんか?私は油断していました・・・!

その結果、ニキビ跡が何年もなっかなか消えずに苦しむことになったので、今は雨の日だろうが曇りの日だろうが室内にいようが紫外線対策をしています。

 

雨の日や曇りの日でも紫外線対策は必要?

曇り空

結論から先に書くと、雨の日や曇りの日でも紫外線対策は必要です!

特に、想像以上に油断ならないのが曇りの日です。

 

雨の日や曇りの日の紫外線量はどれくらいなのかといいますと、気象庁はこう述べています。

快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。

引用:気象庁 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/uv_a03.html

 

ヒエッ。曇りの日パネェ。

 

雲が太陽の光を遮るから紫外線も遮ってくれていると思ったら大間違いなんですね。

 

そしてもう1つ、「散乱光があるから紫外線が多い」という点が気になりますね。

散乱光とは太陽から出た光が空気中の分子(窒素や酸素など)に当たって光の進行方向が変化して地上に届くことです。

散乱光
出典:気象庁 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-75uvindex_mini.html

 

曇りの日は太陽の光が雲に当たる分、散乱光が多くなって晴れの日より紫外線が多くなることがあるということです。

 

晴れの日が一番紫外線対策をしっかりしなければいけない時だと思っていたのに、びっくりですよね!!

 

雨

それから雨の日も紫外線量は30%ほどあります。

晴れの日に比べたら3割ですのでだいぶ少ないといえば少ないですが、それでもお肌のことを考えるとしっかり紫外線対策をしておきたいところです。

 

紫外線の分類

  • UV-A:雲や窓ガラスを通過し、お肌の奥深くまで届く。シワやたるみなど肌の老化を促す原因になる。
  • UV-B:主に表皮に作用する。肌に炎症(日焼け)を起こしたり、メラニン色素を増やし、シミ・そばかすの原因になる。

 

曇りの日や雨の日の紫外線量のことを知らずに、私の様に想像で勝手に「少ないだろう」と思って紫外線対策を怠っていると、ニキビ跡は良くなるどころか濃くなるし、老化の原因にもなってしまいます。

 

それから、散乱光、実は晴れている日でも直射光(直接日光)より多くの紫外線を運んできます。

UVインデックス

出典:気象庁 http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-75uvindex_mini.html

 

つまり、日傘や帽子で直射光を遮ったり、日陰にいたりしても散乱光が紫外線を運んでくるということです。

 

  • 雨の日だから、曇りの日だから
  • 日傘や帽子で遮っているから
  • 日陰にいるから

 

といって油断しやすい時こそ、しっかり日焼け止めを塗ってあげなければいけないんです。

もし、今あなたがシワ、シミ、ニキビなどに悩んでいてケアをしているのなら、尚更紫外線対策はおろそかにしない方が良いです!

 

大人ニキビができやすい私が利用している紫外線対策コスメは、以下の2つです。関連記事とあわせて化粧品の口コミも参考にしてみてください^^

 

【関連記事】