大人ニキビをケアする洗顔料の選び方で押さえておきたいポイント

大人ニキビを対策したり予防したりするに当たり、洗顔料の使用は欠かせません。

肌へと付着した汚れを綺麗に落とすのが洗顔料の役割です。

 

  1. 私たちの顔は分泌される皮脂や空気中のホコリで汚れる
  2. 肌が汚いままだと雑菌が繁殖しやすくなる
  3. 皮脂が酸化して刺激となる過酸化脂質へと変化する
  4. 大人ニキビを中心とする肌荒れが引き起こされやすくなる

 

こういったメカニズムで大人ニキビができやすく、洗顔料が大事なのはお分かり頂けるでしょう。

しかし、現在ではネット通販や実店舗で様々なタイプの製品が登場しているので、以下では選び方で押さえておきたいポイントを幾つか挙げてみました。

洗顔料の選び方1.皮脂や汚れを落とす洗浄力があるかどうか

洗顔料を選ぶ基準として、保湿効果や美白効果は必要ありません。

顔の肌を綺麗な状態にしなければならず、皮脂や汚れを落とす洗浄力があるかどうかが大事です。

 

  1. 肌に不必要な物質を取り除く
  2. ターンオーバーが促される
  3. 毛穴へと詰まる心配もなくなる

 

洗浄力が高ければ上記のように大人ニキビの予防ができます。

 

ルナメアACトライアルセット

 

「どんな洗顔料が良いのか分からない」と悩んでいる方には、ファイバースクラブがニキビの原因となる毛穴詰まりを解消してくれるルナメアACがおすすめです。

洗顔料のファイバーフォームに加えて、化粧水やジェルクリームも同時に入っているので毎日のスキンケアの中に取り入れてみてください。

ルナメアACの口コミはこちら

洗顔料の選び方2.強すぎない洗浄成分が使われているかどうか

洗浄力は大事でも、強すぎない洗浄成分が使われているかどうかも大人ニキビをケアする洗顔料の選び方で押さえておくべきポイントです。

殺菌力が強い洗顔料を使って洗っていると、肌が乾燥しやすいので注意しなければなりません。

 

  • 粉をふく
  • ザラつく
  • シワ
  • たるみ
  • かゆみ

 

肌の乾燥によって大人ニキビ以外にもこれらの肌荒れに繋がりやすく、洗浄力は強ければ強いほど良いわけではないと心得ておくべきです。

洗顔料の選び方3.炎症を緩和する成分が入っているかどうか

赤いスライム

大人ニキビが進行すると炎症を起こして腫れ上がります。

そのため、以下のように炎症を緩和する成分が入っている洗顔料がおすすめです。

 

  • アクネ菌の殺菌に繋がるイソプロピルメチルフェノール
  • 高い抗菌作用や殺菌作用を持つサリチル酸
  • 抗炎症作用や抗アレルギー作用を持つハトムギ

 

肌が炎症を起こす前の白ニキビや黒ニキビの段階で適切なスキンケアを行うのが一番でしょう。

しかし、ニキビを放置して赤く腫れ上がってしまうケースは多く、抗炎症作用を持つ成分が入っているかどうかで比較してみてください。

 

【関連記事】