ビタミンC誘導体が配合された化粧水を買う時、どれくらいの濃度の物を選べばいいのか悩んだ経験はありませんか?それとも、濃度なんて気にしていなかったでしょうか?

「ビタミンC誘導体が高濃度の化粧水の方が美容効果が高いのかな」と悩んだことがある方も、「ビタミンC誘導体の濃度なんて気にした事なかった!」という方も、「ビタミンC誘導体は高濃度だといいのか」について美肌のために知っておきましょう!

 

ビタミンC誘導体が高濃度の化粧水を使うといいのか?

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCは「ニキビ・シミ・シワ」改善、「紫外線からお肌を守る」、「お肌のキメを整える」といった美容に嬉しいオールマイティーな成分です。

しかし、成分が壊れやすいためそのままお肌に塗ったのではダメという欠点があり、ビタミンCの持つ力を利用できるように「ビタミンC誘導体」が作られました。こうしてビタミンC誘導体になったことで酸化しづらくなり、更にはお肌に浸透しやすくなったのです。

 

そしてビタミンC誘導体には3種類あり、それぞれの特徴は以下の通りです。

 

  1. 水溶性
    • 肌への吸収が早く、速効性に優れている
    • 主に化粧水や美容液に使われている
  2. 油溶性
    • 皮脂膜や角質層への浸透力に優れ、長時間肌に留まる持続性に優れている
    • クリームやジェルに使われている
  3. 水溶性と油溶性両方の特徴を持つ
    • 進化型ビタミンC誘導体であるAPPS(アプレシエ)のこと
    • 従来のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力
    • イオン導入をせずとも肌の奥まで届けることができる

ビタミンC誘導体は高濃度だと優れているのか

これまでビタミンC誘導体について簡単な基本知識を書きましたが、では、ビタミンC誘導体が高濃度の化粧水(化粧品)を使った方がお肌にいいのでしょうか?

結論を先に書くと、「ビタミンC誘導体は高濃度であれば良いという成分ではありません」。

ビタミンC誘導体は高濃度であれば良い成分ではない理由

今までビタミンC配合の化粧品を使った経験がある場合、なんとなく感づいている方もいらっしゃるかと思いますが、ビタミンC配合の化粧品には「お肌が乾燥する」「お肌がピリピリする」といった刺激を感じやすいデメリットがあります。

これはビタミンCに皮脂量を調節する作用があるためです。

そのため、ビタミンC誘導体が高濃度になればなるほどお肌への刺激が強くなるリスクも高くなるので、敏感肌の方や乾燥肌の方には高濃度をおすすめできないのは当然です。

 

スキンケア大学でも高濃度であれば良いのかということについて以下のように書いています。

ビタミンC誘導体は高濃度であれば、より肌への効果が期待できるのか?というと、必ずしもそうではありません。確かに高濃度であればあるほど、少量の化粧品でたくさんビタミンC誘導体を肌に届けることはできるのですが、問題はその後の浸透力がどうなっているのかということ。

もうひとつは高濃度であるほど、肌への刺激というリスクも高くなるということです。ビタミンCには皮脂量をコントロールする作用もあるので、肌が乾燥しやすくなる傾向があります。

引用:スキンケア大学

 

とはいっても一般的な化粧品に配合されている1%の濃度では意味がありません。実は効果を感じられる濃度は3%以上と言われているんです。

じゃあ原液のように100%ならスゴイのかというと、実は7%を超えると効果に差がないと言われています。医療現場やエステサロンなどでも5~7%の濃度が主流なんですよ。

 

それから、ビタミンC誘導体がいくら高濃度であってもお肌への浸透力が良くなければ意味がありません。

 

ここまでをまとめると、ビタミンC誘導体は高濃度であればいいという訳ではない理由は下記の通りです。

 

  • 高濃度になるほどお肌への刺激が強くなるリスクが高くなる
  • 7%を超えると効果に差がない
  • お肌への浸透率が悪ければ高濃度でも意味がない

 

お分かり頂けたでしょうか?

ビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶ場合は3%~7%の濃度の中から、自分のお肌にあった物を選ぶようにしましょうね*