紫外線はお肌や健康の大敵です。昔は日焼けした肌は健康的と思われていましたが、皮膚がんの原因になるなど色々なことが分かってきた現代では、赤ちゃんや子供でも日焼け止めをして紫外線対策をすることが重要になってきました。

しかし、日焼け止め自体にお肌と体に良くない成分が使われていることもあるため、ただ単に日焼け止めを塗ればいいという訳でもありません。

そこで私がおすすめするのは発がん性物質を使っておらず、「抗癌剤治療や放射線療法の副作用である酷い肌トラブルに悩むガン患者の方でも使える」日焼け止めクリームです。

 

紫外線対策をするなら発がん性物質不使用の日焼け止め

放射線療法や抗癌剤治療の副作用である酷い肌トラブルに悩むガン患者の方でも使える様に開発された、「ロベクチンプレミアムUVディフェンス」という日焼け止めがあります。

発がん性のある物質やお肌を刺激する成分を使っていない

日焼け止めを選ぶ時、「”紫外線吸収剤”が入っていない物がいい」ということは何となく頭に入っているかと思いますが、
紫外線吸収剤は、以下の様な有害性が指摘されています。

 

  • 発がん性
  • アレルギー誘発
  • 炎症、ホルモン異常を起こす

 

また、紫外線吸収剤の入った日焼け止めを使っている母親の母乳から子供がアレルギーを起こす可能性も指摘されています。

 

ロベクチンプレミアムUVディフェンス

 

当然、ロベクチンプレミアムUVディフェンスには紫外線吸収剤が使われていません。

ではどうやって紫外線からお肌を守っているのかと言いますと、「紫外線反射剤」を使用しています。

これは仕組みとしては、酸化チタンと酸化亜鉛で、紫外線を反射・散乱させることでお肌を守っています。

 

ただ、実は紫外線反射剤も良くないと言われています。

それは、紫外線反射剤のデメリットである白浮きしたり、ベタベタするといった使用感のデメリットを解消するためにナノ化されているからです。
ナノ化された粒子がお肌の奥に浸透してしまい、発がん性の可能性があると言われているのです。

ですが、ロベクチンプレミアムUVディフェンスはミネラルの1種であるシリカ・ステアリン酸(保湿成分)でコーティングした上で、お肌への影響が懸念されている大きさまで粒子を小さくし過ぎないように製造されています。

 

つまり、ロベクチンプレミアムUVディフェンスは、

  • 紫外線をブロックする成分自体がお肌の負担になっていた
  • 紫外線ブロック成分が皮膚で化学変化を起こし、生じる化学物質がお肌の刺激になっていた

というこれまでにあった問題を解決した日焼け止めなのです。

 

これに加えて、パラベンフリー、無着色、無香料、石油系界面活性剤フリー、オイルフリー、発がん性物質不使用など、徹底的にお肌に優しい低刺激を実現しています。

そのため、「抗癌剤治療や放射線療法などの酷い肌荒れトラブルに悩むガン患者の方でも使える」日焼け止めクリームであることはもちろん、
敏感肌の方や、肌トラブルに悩んでいる方、6カ月以上のお子さんにも安心してお使い頂けます。

>>発がん性物質不使用のロベクチンプレミアムUVディフェンスの口コミを見てみる

発がん性物質不使用なだけでなくロングUVAにも対応

 

これまでの日焼け止めで気にされていたのはショートUVA(短波長のUVA)でした。

ですが実はUVAにはロングUVA(長波調)もあり、地上に届く紫外線のうち75%を占めることが分かっています。

紫外線のお肌への影響

ロングUVAはお肌表面の日焼けだけでなく、お肌の奥にまで影響を与え、老化の原因となりお肌に大きなダメージをもたらします。

ですから、今後日焼け止めを選ぶ時は、ロングUVAにも対応しているかどうかは、非常に大事なポイントです。

 

日焼け止めクリームで紫外線対策をするなら、なるべくお肌にも健康にも害がないものを選びたいですよね。

だから、お肌に優しいだけでなく、ロングUVAにもしっかり対応しているロベクチンプレミアムUVディフェンスがおすすめです。

>>発がん性物質不使用・ロングUVA対応のロベクチンプレミアムUVディフェンスの口コミを見てみる