ライスフォースは使用者の感想やモデルさんの年齢を見ると30代~40代向けの化粧品のように思われます。製品コンセプトもエイジングケアのようですし、メインターゲットが30代、40代の女性なのは間違いないと思います。

しかし、ライスフォースは30代~40代以上の女性だけが使うには非常にもったいない化粧品です。

 

ライスフォースは30代、40代だけでなく20代にもおすすめの化粧品

どうして20代にもおすすめなのかというと、理由は2つあります。

 

  1. 年齢と共に減り続けるセラミドを生産できるお肌づくりができる
  2. 私も20代の時に愛用していました

 

理由を詳しく説明していきますね^^

20代にもライスフォースがおすすめの理由

ライスフォースに配合されている「ライスパワーNo.11」は、医薬部外品の効能として、唯一「水分保持能の改善」効果を認可された成分です。

 

「水分保持能の改善」とはどういうことかというと、

「セラミド」という、お肌の角層内の水分が奪われないように潤いをしっかりとどめる成分を生産することで、お肌が自ら潤いを保つことができるように改善するということです。

 

このセラミドは、もともとあなたのお肌に存在する成分ですが、20歳を過ぎると徐々に減り始めます。

セラミドは40歳前後で約50%、70歳前後で約30%になると言われており、
セラミドが加齢によって減少することで肌の保湿力が低下し、シワやたるみ、ニキビやニキビ跡などあらゆる肌トラブルの原因になります。

 

ですから、セラミドが減り始める20代からライスフォースを使ってセラミドをお肌自ら作り出すようにしておくと、今の肌悩みにはもちろん、将来の肌トラブル予防に繋がるのです。

 

それから、これは蛇足かもしれませんが、
私も20代の頃ライスフォースを愛用していました^^

20代にはゴリゴリのエイジングケアはまだ必要ありませんので、「まだ早いかな」と思いつつも何もしないのが嫌でした。

それに、ニキビができやすい肌だったので、そのケアも必要でした。

そこで、全年齢・全ての肌トラブルに大事な保湿ケアに注目したんです。

 

保湿ケアがきちんとできていれば全ての肌トラブルのケア・エイジングケアに繋がる。

でも、ただの保湿ケアではなくもう一歩進んだ保湿ケアをしたい。

 

そう思った時に、加齢と共に減るセラミドを自らのお肌が作り出せるようにするライスフォースはぴったりだったんですね。

 

実際、ライスフォースは20代が使ったからといって「ちょっとコテコテでまだ肌に合わないなぁ」というような化粧品ではありませんでした。

むしろ、お肌は潤っていたし、「友人からは肌が白くてキレイ」と言われていました。

 

また、ライスフォースは20代の、30代40代と比べてまだ社会人としてお給料が少ない時期でも無理なく続けることができる化粧品だったことも大きかったです。

それは、

  • 1つ約2カ月分だが、だいたいそれ以上もつ(私は1回4~5滴使用)
  • 定期便で10%~25%オフになる

ためでした。

20代の若いうちなら化粧水と美容液の2本で十分なので、元々必要とするアイテム数が少ないですし、2本なら同時購入で定期便で15%オフで購入できたので、最大限に利用していました。

とてもコスパが良かったんですよ^^

 

それでいて、お肌はとても潤うし、文句なしでした。

 

ですから、

ライスフォースは30代、40代向けだよなぁと思わずに、
20代のうちから興味を持ったなら、どんどん使って綺麗なお肌を手に入れて欲しいと思います!

>>ライスフォースディープモイスチュアシリーズの写真つき口コミはこちら