保湿クリームで人気のロベクチンから、日焼け止めクリームのロベクチンプレミアムUVディフェンスが出ています。

ロベクチンの日焼け止めはガンの治療のために酷い肌トラブルに悩むガン患者の方でも使える優しさ設計というだけあり、敏感肌でも安心して使えるのですが、

実は紫外線対策以外の効果もあるんです。

私が実際に使ってみた感想中心に書いていきますね。

 

ロベクチン日焼け止めの、紫外線対策以外の効果とは?

ロベクチンプレミアムUVディフェンスは日焼け止めなので、紫外線対策ができるのはまず当然ですが、保湿もできるんです。

 

正直、ロベクチンプレミアムUVディフェンスを買うまで「保湿は別にいいや」と思っていたんですが、使ってみると考えが変わりました。

 

というのも、日焼け止めってベタつきやすいか、時間が経つとだんだん乾燥が気になってくるかのどちらかが多いです(^^;

 

  • 日焼け止めのあとにメイクすることを考えると、
    あまりベタつかない日焼け止めを選ぶとメイクしやすいのですが、その代わり時間が経つと乾燥する。
  • 乾燥を避けるために乾燥しにくいという日焼け止めを選ぶと、
    今度は確かに時間の経過と共に感じる乾燥はマシになるけど、メイクがよれる。

 

上記のように、大体の日焼け止めって両極端というか、
どっちのメリットをとって、どっちのデメリットを我慢するかみたいなところがあったんですよね(ーー;)

 

で、ロベクチンプレミアムUVディフェンスはどうだったのかと言うと、中間辺り。

(どちらかといえば、ややベタつく方よりかな?)

 

日焼け止めを塗った直後はまあ当然ベタつくといえばベタつくのですが、
ロベクチン日焼け止めは、従来の日焼け止めに比べて肌馴染みがいいので、メイクしやすい方だなと思いました。

それから、時間が経っても乾燥しづらいです。

 

それが何でかなと思った時、ロベクチン日焼け止めに配合されている天然美容保湿成分のおかげなんだなと思い当たったんです。

「スベリヒユエキス」「ツボクサエキス」「ミツロウ」「アロエベラ葉水」「パンテノール」などがその天然美容保湿成分なのですが、
日焼け止めを塗った時の、お肌がコンクリート硬めしたように乾燥してくる感じがない。

 

まぶしい太陽

あと、

室内にいる時の、窓ガラスを貫通してくる紫外線対策のためにロベクチン日焼け止めを使っているのですが、
外に出る用事がない時は当然日焼け止めだけで過ごします。

そういう時も保湿ができるというメリットをすごく感じられました。

 

ロベクチン日焼け止めはすごく伸びが良くて乳液のような感じなんですが、
大体の日焼け止めって塗ったあと凄く重いというか、こってり感があるというか・・・。だんだん乾燥してくるか皮脂が浮いてきてテカったり。

それがロベクチン日焼け止めには感じられなくて、

  • 肌馴染みが良い
  • 軽い
  • ベタつくんではなくて潤う

んですね。

 

そういうことで、購入前は「保湿は別にいらないな」と思っていたんですが、今はこの保湿を凄くありがたく感じています。

 

ロベクチンプレミアムUVディフェンスは、日焼けも防ぎたいけど保湿もしたい方におすすめされている日焼け止めクリームなのですが、実際に使ってみて納得しました。

 

以上、私の使用経験からの、ロベクチン日焼け止めには「紫外線対策だけでなく、保湿効果もあるよ」というお話でした^^

保湿以外の視点については下記の口コミで書いています。

【口コミ】ロベクチンプレミアムUVディフェンスを使ってみた!