ビタミンCには様々な種類がありますが、
科学の進歩と共にどんどん進化していて、いつの間にか新しいビタミンCができていることもしばしば。

今日は新開発のハイブリッドビタミンCについて書いていきたいと思います。

 

ハイブリッドビタミンCとは

ハイブリッドビタミンCの基礎知識

 

ハイブリッドビタミンCについてざっくりまとめると以下のような特徴があります。

 

  • ビタミンCへ特許物質「LDH」を加えて安定化
  • 酸化しやすいデメリットを解消
  • 浸透力が高い
  • 持続力が高い

 

従来の改良型ビタミンCではあるデメリットを解消すると別のデメリットが出現するなどしていたのですが、ハイブリッドビタミンCはあらゆるデメリットを解消しました。

その秘密は「最新の技術でビタミンCを酸化亜鉛で挟み込んで守る」ことにあり、
お肌に直接付けた時、ビタミンCを約12時間放出する力を持っています。

 

持続力が高いので、今ある酸化物質だけでなく、あとから発生した酸化物質にも働いてくれるということです。

ハイブリッドビタミンCは、ビタミンCの持つ抗酸化力を存分に生かすことができるんですね^^

ハイブリッドビタミンCの美容効果

クリニックの女性

ビタミンCですので、従来のビタミンCと同じく以下の様なあらゆる肌悩みに効果が期待できます。

  • シワ、たるみ
  • シミ、くすみ
  • ニキビ、ニキビ跡
  • 毛穴の開き

 

ハイブリッドビタミンCが従来のビタミンCより優れている点は以下です。

  1. 抗酸化力
  2. メラニンを抑制する力
  3. 角栓の予防

 

抗酸化力は新型ビタミンC誘導体APPSより15%あり、
メラニンを抑制する力はAPPSよりわずかにあり、
多くのビタミンCの中でも長けています。

 

そして角栓の予防にもなるので、突発的な肌トラブルを予防しやすくなります。

角栓は皮脂が酸化して黒ずんだもののことで、
肌の老化、大人ニキビ、毛穴の開きに繋がります。

 

ハイブリッドビタミンCは特に抗酸化力、メラニン抑制力に長けているので、
年齢肌の肌トラブルであるシミ、シワはもちろん、ニキビやニキビ跡により素晴らしい力が期待出来ます。

 

以上の通り、ハイブリッドビタミンCは素晴らしい成分ですが、
ビタミンCは「グルコシドタイプ」だときちんとビタミンCに変換できずに排出されてしまい、効果がほとんど無いという事が最新の研究で明らかになっています。

効果のないビタミンC化粧品は使いたくないですよね><

皮膚学会で効果が確認されているのは、「リン酸アスコルビルMg」というビタミンC誘導体です。

エステサロンや医療現場でも使用されていて、安全性も効果も高いんですよ^^

ハイブリッドビタミンCを配合している化粧品全てがグルコシドタイプであるとは限りませんが、化粧品にどんなビタミンCが使われているのか購入者に分からないのが難点です。

しかし、キャシーズチョイスのC-マックスローションは「リン酸アスコルビルMg」を使用していることが分かっていますので、「効果のないビタミンCを使っているかも」といった心配は無用です^^

リン酸アスコルビルMgを配合しているキャシーズチョイスのC-マックスローションの口コミを見てみる