落ち込む女性

ストレスは美容に悪いと、よく聞きますよね。

ニキビなどの肌荒れにつながるだけでなく、
胃腸の不調や、生理周期の乱れなど、
健康面でも気にされている方は多いのではないでしょうか。

 

私もストレスでニキビができやすく、
大分悩まされましたので色んな化粧品を試しました。

ストレスでどうしてニキビができるのかを知って、
それに対応できる成分の入った化粧品を使う様になってからは、

ニキビができにくいお肌へ育てることができたので、
仕組みと対策をぜひ知っておいてくださいね^^

 

 

ストレスを受けるとニキビができるわけ

疲れている女性

ストレスには気温の寒暖差、満員電車、騒音などの物理的ストレスや、
人間関係、仕事の悩み、子育ての悩みなどの心理的ストレスなどがあります。

 

夏や冬は室内と室外の気温差が激しく、
体温調節で大忙しの自律神経がバランスを崩しやすくなりますし、

満員電車のような物理的に不快な状況も
精神的にストレスを感じますよね。

 

自律神経はストレスを受けると交感神経が活発に働くようになるのですが、
交感神経が活発な状態というのは、
男性ホルモンが多く分泌される状態です。

男性ホルモンは皮脂の分泌を促しますので、
皮脂が過剰になって毛穴詰まりを起こしやすくなり、
ニキビの原因になります。

 

また、体内の活性酸素が増加し、
本来ならば細胞を保護してくれるものが、ダメージを与えるようになります。

細胞の老化が早まる事で老化が促進されたり、
免疫力が低下することでアクネ菌が繁殖しやすくなり、
ニキビができやすくなったり、できているニキビが炎症を起こしやすくなります。

 

 

スキンケアは抗酸化力のある成分が含まれている化粧品を!

レモン

普段の生活でストレスを感じることが多い方は、
活性酸素に対応できる、
抗酸化力のある成分が含まれている化粧品を使うことをおすすめします。

ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、レスベラトロール、エルゴチオネインなど、
抗酸化力のある成分はたくさんあります。

たくさんあるが故に、どれを使ったら良いのか迷ってしまいますね(^_^;)

迷ったらビタミンC誘導体かAPPS配合の化粧品を使う

ビタミンC誘導体は代表的な成分で、化粧品にもよく配合されています。

ビタミンC誘導体より浸透力に優れた、
進化型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)もおすすめです。

ビタミンCに期待できる効果

  • 抗酸化
  • メラニン生成を抑える
  • コラーゲン生成の促進
  • 皮脂分泌を抑える
  • 炎症を鎮める
  • 肌の免疫力UP

 

シミ・くすみ、シワ・たるみ、毛穴の開き、アンチエイジングなど、
あらゆる肌悩みに対応してくれる素敵な成分です^^

フラーレン配合の化粧品もおすすめ

フラーレンは抗酸化力がビタミンCの170倍あり、
活性酸素を除去する力を持っています。

また、ビタミンC誘導体と一緒に使うことでより効果を感じやすくなっており、
一緒に配合されていることが多いです。

 

詳しくはこちらの記事を読んでください。

↓↓↓

化粧品に使われているフラーレンって一体何?

 

 

ストレスニキビにおすすめの化粧品

プリモディーネVCローション

プリモディーネVCローション

プリモディーネVCローションは大人ニキビに良いのか試してみました!

  • ビタミンC誘導体4%
  • APPS1%

APP-Cフラセラム

APP-Cフラセラム

APP-Cフラセラムはニキビに効果あるのか試してみました!

  • APPS
  • フラーレン
  • グリチルリチン酸2k
  • ドクターズコスメ
  • プレ美容液

ビーグレン

ビーグレンのトライアルセット一覧

【ニキビ跡】ビーグレンのトライアルセットを試してみた結果

  • ピュアビタミンC
  • 独自の浸透技術QuSome®(キューソーム)
  • クレータータイプのニキビ跡にも

 

 

活性酸素はニキビだけでなく、肌の老化の原因にもなります。

まだアンチエイジングするような年齢でなくとも、
本格的なアンチエイジングはまだいいけど、ちょっと気になっているという方にも、

ビタミンCやフラーレン配合の化粧品は凄くおすすめです。

 

ニキビやニキビ跡を改善したいという方はもちろん、
肌力を底上げするためにも、
おすすめの化粧品、ぜひ試してみてくださいね^^