考える女性

思春期の頃は思春期ニキビに悩まされ、
20~30代になったら大人ニキビ・・・、
40代になったらシワが気になる・・・。

などなど、お肌の悩みはいつの年代も尽きません。

 

ですが、

どの年代においても、
どんな肌悩みであっても、

年相応の綺麗なお肌でいるために大切なことは、
たった3つのポイントなんです!

これを知って、肌トラブルにも対応できるお肌のベースを整えましょう!

 

 

ポイント1.お肌の汚れを落とす

お肌の汚れを落とす役割は、クレンジングと洗顔です。

クレンジングでメイクやメイクの上に付いた汚れを落とす

クレンジングボトルのイラスト

クレンジングでメイクを落とすことで、
ファンデーションなどの上から付いたゴミなども落とすことができます。

メイクをしたお肌で1日過ごしたら、
顔はハエがくっついたハエ取り紙のようになっていると思ってくださいね。

ゴミなどの汚れは小さいので、目に見えないだけですから。

 

クレンジング剤の種類や、
クレンジングをしないことのお肌へのデメリットについては
下記の関連記事で書いています。

洗顔で皮脂、毛穴汚れを落とす

顔を洗う女性

クレンジングのあとは、洗顔で酸化してしまった皮脂や、
毛穴に詰まった汚れをしっかり落としましょう。

酸化した皮脂はお肌を刺激する物質へ変化しますので、
肌荒れや、お肌の老化を招く原因になります。

 

洗顔は、朝と夜の2回推奨している商品もありますが、
ご自身のお肌の状態や、ライフスタイルに合わせて行うのが一番良いと思います。

洗顔のあと、しっかり保湿ケアをする時間がないのであれば、
朝の洗顔は水洗いだけで済ませた方が、
乾燥肌を招くリスクも小さくなります。

私は朝は余裕がないので、洗顔は夜の1回だけです(^_^;)

 

洗顔のあと、お肌の乾燥が気になるという方は、
洗顔と化粧水の間に、肌潤糖を使ってみるとお肌がうるおうのを実感できると思います。

私も実際に使ってみましたが、お肌がしっとりして良かったです♪

↓↓↓

肌潤糖クリアでニキビケアをした結果☆効果はあったのか?

 

 

ポイント2.お肌をしっかり保湿する

化粧水でお肌に水分を足す

化粧水を手に取る女性

お肌の保湿というと、化粧水と思うかもしれませんが、
保湿で一番重要なのは、「保湿成分が含まれた美容液を使うこと」です。

 

正しい保湿ケアについては下記で詳しく書いています^^

保湿成分入りの美容液で保湿をする

クリームを手に取る女性

セラミドやヒアルロン酸など、保湿成分が配合された美容液で保湿をします。

クリームなどの油分で、お肌の水分が蒸発しないようにフタをするのではなく、
保湿成分で、お肌の水分が逃げないように捕まえておくのです。

 

保湿成分については下記で詳しく書いています。

 

 

ポイント3.紫外線からお肌を守る

まぶしい太陽

私がニキビ跡をたくさん作ってしまった大きな原因が、
紫外線対策を怠ったことでした(^_^;)

そのあと、ニキビ跡を薄くするのに時間がかかりましたので、
ニキビに悩んでいる方も、そうでない方も、
肌にくすみを残さないよう、紫外線対策はしっかりしておきましょう。

 

日焼け止めのSPF値は、日常であれば小さい物で十分です。
海などレジャーに行くわけでもないのに、高いSPF値の物を使うと、
お肌に負担をかけてしまうだけです。

最近はフェイスパウダーやファンデーションにも
紫外線カット効果がありますので、日常の紫外線対策ならこれで十分です^^

 

紫外線対策にもなり、ニキビ肌にも優しいファンデーションは下記で紹介しています。

 

 

以上、3つのポイントをおさえて、
肌トラブル知らずの、綺麗で健康なお肌を作っていきたいですね^^