紅葉

厳しい残暑も終わり、紅葉ももうすぐだなぁと思うこの頃、
過ごしやすい気温になったのはいいけれど、
肌の不調を感じていたりしませんか?

私は普段より頬が乾燥するのに、
Tゾーンは皮脂が出るなぁとアンバランスなお肌に頭を抱えています(-_-;)

ぽつんと出来たニキビの治りもなんだか遅いですし、
もしかして季節の変わり目のせいなのかしら~と調べてみた結果、
やっぱりそうだったので、まとめたいと思います!

 

 

季節の変わり目に肌が荒れてしまう原因は?

ニキビができる原因の一つにストレスがあることは以前お話しした通りです。

温度や湿度によるストレス

温度計

そもそもストレスには4種類あり、
一般的にストレスというと1の精神的なストレスのことをいいます。

 

  1. 精神的なストレス
  2. 体の歪みなどから生じる構造的なゆがみのストレス
  3. 食品添加物などから受ける化学的なストレス
  4. 温度や湿度などのストレス

 

精神的なストレスももちろんニキビの原因になりますが、
季節の変わり目に肌が受けるストレスは4の「温度や湿度などのストレス」です。

季節の変わり目に肌の不調を感じやすいのは、
このためなんですね。

自律神経の乱れ

疲れている女性

春から夏へ、秋から冬へ季節が移る時、
自律神経はものすごくがんばっています。

朝夕の気温差が激しいことや、室内と室外の気温差が激しいことに対して、
自律神経は適応しようとしているんです。

それはお肌に関しても論外ではありません。
自律神経は皮膚の厚さ、皮脂の分泌量をコントロールしています。

そんな時に仕事でくたくたになったり、ストレスを抱え込んだりしていると、
いっそう自律神経に負担をかけ、肌荒れに繋がってしまうわけです。

 

 

季節の変わり目の不安定なお肌への対策

自律神経を整える

寝起きの女性

肌荒れを予防、スキンケアの効果を高めるためにも自律神経を整えることは必須になってきます。

 

  • ストレスを溜めないようにする
  • 秋冬は体を冷やさないように衣類で調節する
  • 職場や学校以外ではエアコンに頼り過ぎない(気温の差が激しくなるのを防ぐ)
  • 適度に運動する
  • 規則正しい生活
  • 湯船にしっかりつかる(シャワーだけで済まさない)

 

以上の中で、自分が出来るところから頑張ってみてはどうでしょうか。

忙しい現代社会、全部をこなすのはなかなか大変ですからね(^_^;)

スキンケアをシンプルにする

化粧品

肌荒れの時の鉄則は、スキンケアに使うアイテム数を減らしてシンプルにすることです。

肌が弱っている時にアレコレと色々使ったり、
刺激の強い美白ケアや、ピーリング化粧品を使うのは、
お肌に負担をかけて、かえって弱らせてしまうことになりかねません。

また、使っている化粧品がしみるようでしたら、それも一時的にお休みしてください。

まずは、最低限のシンプルケアにして1週間様子を見て、
それからセラミドなどが配合された化粧品で保湿ケアを行うと良いです。

ニキビ肌におすすめの保湿化粧品

保湿イメージ

 

保湿ケアとしても優秀なだけでなく、
ニキビケアにもなるのが以下の化粧品です。

 

 

全てトライアルがありますので、
どれが自分の肌に合うか気軽にお試しできて良いですよ♪

保湿に関してはどれも申し分ないです!(*´ω`*)

 

シンプルケアと保湿ケア、
それから自律神経を整えるということに気を付けて、
季節の変わり目のお肌の不調を乗り越えていきましょうね♪