顔に油分が多いとニキビが悪化してしまう

オリーブオイル

ニキビを引き起こす原因となる”アクネ菌”。
聞いたことある方も多いと思います。

このアクネ菌は油を栄養にしているので、
油分がたくさん含まれている化粧品を使うとニキビができてしまったり、
ニキビが悪化してしまうことがあります。

ですから、ニキビに悩んでいる方はオイルやクリームなどは控えるようにすると良いです。

とはいっても、化粧水だけで済ませてしまうのはNG!
きちんと乳液で肌のうるおいを逃さないようにしてあげなければいけません。

私も化粧水だけですませていた時があったのですが、
化粧水をつけてしばらくすると肌が乾燥してくるのが分かります。

ニキビケアには保湿が大事です。

 

ニキビ肌に大事なのは保湿

保湿イメージ

肌の水分が不足し乾燥すると角質が厚くなり、かたくなります。
そうすると毛穴が詰まってしまい、ニキビができます。

保湿ケアをきちんとすることで、
肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

水分たっぷりのうるおいのあるお肌を目指すことが、
ニキビ肌から抜け出すために、重要です。

既にできてしまった古い角質は、ピーリングで取り除くことができますので、
こちらもあわせて行うとより良いでしょう^^

 

 

ノンコメドジェニックテスト済みの化粧品を選ぶといい

化粧水を手に取る女性

ノンコメドジェニックって聞いた事ありませんか?

これは、油分が入っていない化粧品というわけではないのですが、
油分の中でもアクネ菌の栄養になりにくい油分だけでつくられた化粧品に表示されています。

あくまでも”アクネ菌の栄養になりにくい油分”なので、
残念ながら完全にニキビができないという訳ではありません。
肌質によってはニキビができてしまうこともあります。

化粧品が自分に合うかどうかは使ってみないと分からないので、
ニキビ肌に悩んでいる場合はノンコメドジェニックの化粧品を試してみる価値は十分あると思います。

 

ノンコメドジェニックテストをしている化粧品に、
富士フィルムさんから出ている、ルナメアACという化粧品があります。

こちらで実際に試してみたレビューを書いています。