ニキビやニキビ跡のケアに、美容液は使っていますか?

 

洗顔、化粧水、乳液、クリーム・・・

様々なスキンケアアイテムがありますが、実は美容液って、ニキビケアにおいて重要なアイテムです。

 

ビーグレンのCセラムを単品使いしてみて、ニキビ・ニキビ跡のケアはできるのか試してみたので口コミを書きたいと思います。

 

ビーグレンのCセラムのみを使ってニキビやニキビ跡はケアできる?

ビーグレンのCセラムの口コミ

ビーグレンCセラム

ビーグレンのCセラムは少しとろみのある液体です。

そんなにベタつかないと思いますが、オイルのような使用感なので好みが分かれそうです。個人的には可もなく不可もなくといったところ。

 

お肌に付けるとじんわりと温かくなるので、初めて使う時は不思議な感覚を覚えます。慣れるとこの温かみが癖になる感じがします。

 

匂いは特に気になりませんでした。

Cセラムの悪かった点

バツ印をかかげるひよこ

  • たくさん使うのでもっと量が欲しい

 

個人的には、もっと量が入っていると嬉しいかな?という感じですね。

伸びが良いので、スルスルと塗れるのですが、たくさん使うので(笑)

Cセラムの良かった点

マル印をかかげるひよこ

  • ニキビが気になる時に役に立つ
  • 薄いニキビ跡は割と早く気にならなくなった様に感じた
  • お肌のトーンアップした
  • 乾燥やお肌への刺激を感じることがなかった

 

ビタミンCが含まれているとお肌が乾燥してしまったりすることがありますが、ビーグレンのCセラムは乾燥を感じることはなかったです^^むしろしっとりする感じです。オイルのようなテクスチャーのおかげかもしれません。

 

出来てしまったニキビのケアに役立ちましたし、ニキビ跡を防ぐこともできるのでとっても良かったです!

Cセラムを使う前にできていたニキビ跡については、薄いものはすぐ気にならなくなりました。濃いものはもっとじっくり時間をかける必要がありそうです。

 

既に出来てしまったニキビ跡のケアももちろんなのですが、今あるニキビを色素沈着させないためにも、ビーグレンのCセラムはいいと思いました^^

ビーグレンのCセラムってどんなアイテム?

ビーグレンのCセラムにはビタミンCが高濃度(7.5%)で配合されています。

レモン

このピュアビタミンCには、以下の3つの効果があります。

  • マイルドなピーリング作用
  • メラニン色素の生成をブロック
  • コラーゲンの生成を促進

 

ただ、ピュアビタミンCは高い効果がある反面、とてもデリケートな成分で、化粧品への配合が難しいと言われています。じゃあダメじゃん!と思うかもしれませんが、そんなことはないんです^^

 

Cセラムには、QuSome®(キューソーム)というビーグレン独自の浸透技術が使われています。

 

  • スキンケア成分をしっかり届ける
  • スキンケア成分が肌の中に長く滞在し、効果を持続してくれる

 

これにより、ピュアビタミンCの成分を安定させることを可能にしています。

Cセラムのみを使ってニキビ、ニキビ跡ケアをするのに向いている人は?

ビーグレンCセラム
Cセラム
私は保湿ケアがしっかりできているので、ビーグレンのCセラム単品使いでも大丈夫だったようです。

私と同じように保湿ケアは十分だから化粧水とか他のアイテムはいらないけど、

  • ニキビ・ニキビ跡のケアができる美容液が欲しい
  • 角質ケアができるアイテムが欲しい
  • ビタミンC配合のアイテムが欲しい

といったように、1つアイテムを足したいという方にCセラム単体使いが向いていると思います。

 

↓ 公式サイトはこちら ↓

Cセラム

 

逆に保湿ケアがしっかりできていないのなら、Cセラムも生かせないと思いますので、まずはしっかり保湿ケアをすることが大事です。

その場合はトライアルセットで全部試すことをおすすめします。

 

 

【関連記事】