ニキビケアの商品のキャッチコピーなどで、
「ビタミンC誘導体」の文字を見たことはありませんか?

レモン

実際、ニキビケアの商品の成分表示には「ビタミンC誘導体」(もしくはL-アスコルビン酸)が
必ずといっていいほど書かれています。

でかでかと宣伝されて、なんとなくこれはニキビにいいものだという認識でいませんか?
正しいニキビケアをしていくためにも、しっかり理解しておきたいですね。

 

APPSについては下記で書いています^^

進化型ビタミンC誘導体APPS(アプレシエ)って一体何?

 

 

ニキビ予防、ニキビケアに効く

ビタミンC誘導体はどんな効果を持っているのでしょうか?

鏡を見る女性

  • コラーゲン生成
  • ニキビによる色素沈着を薄くする
  • 美白効果
  • 皮脂の分泌を抑える

 

これらのような、皮膚を健康な状態に保つ、
嬉しい成分がたっぷり含まれているんです♪

ニキビを予防したい方も、
できてしまったニキビを治したい方にもとってもいい成分です。

「ビタミンC誘導体」の一単語だけでこんなに嬉しい効果があるとは驚きですね。

 

 

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体には水溶性と脂溶性の2種類あります。

では、それぞれどんなものか見て行きましょう。

水溶性ビタミンC

化粧水を手に取る女性

主に化粧水や美容液に含まれています。

メリット

  • 即効性がある

デメリット

  • 乾燥しやすいため、乾燥肌の人や敏感肌の人には向いていないことがある

脂溶性ビタミンC

クリームを手に取る女性

主に乳液やクリームに含まれています。

メリット

  • 持続性があり、肌にゆっくり浸透する
  • 保湿力がある
  • 乾燥肌や敏感肌の人でも使いやすい

デメリット

  • 毛穴が詰まりニキビの元になってしまうことがある

自分のお肌のタイプ別に使うと効果的

水溶性と脂溶性、それぞれにメリットデメリットがあります。

どれが優秀、どれが悪いという訳ではなく、
自分の肌にどういうタイプがあうのかを見極めて使うことが、
ニキビなどの肌荒れを良くしていく近道です。

頬を包む女性

 

 

化粧品にビタミンC誘導体が含まれているかチェックする方法

化粧品の成分表示に以下の記述があるかどうかチェックしてください。

  • ビタミンC誘導体
  • アスコルビン酸○○○
  • リン酸アスコルビル○○○

 

化粧品によって記述の方法は様々なので、
これらを頭に入れておくと良いです。

ニキビケアを目的として化粧品を選ぶ時は、
これらの成分が含まれているかしっかりチェックしましょう♪

 

 

ビタミンC誘導体が配合されている化粧品

サイクルプラス

エンリッチローション

  • 浸透型ビタミンC誘導体「APPS」配合
    • 使用する直前にAPPSのパウダーを混ぜることでフレッシュな状態で使える
  • ビタミンE誘導体配合

 

レビューはこちらです

↓↓↓

サイクルプラスのお試しセットを試してみました♪

プリモディーネ VCローション

プリモディーネVCローション

  • 水溶性ビタミンC誘導体4%
  • 浸透型ビタミンC誘導体「APPS」1%配合
  • 無添加へのこだわり
  • 美顔器への使用可

 

レビューはこちらです

↓↓↓

プリモディーネVCローションは大人ニキビに良いのか試してみました!

エトヴォス バランシングライン

エトヴォスのバランシングライン

  • 進化型ビタミンC誘導体「VCエチル」配合
    • VCエチルは他のビタミンC誘導体とは違い、皮膚内で即ビタミンCとして作用する特徴を持つ。72時間作用する持続性に長け、即効性と持続性を兼ね備えたビタミンC誘導体。
    • メラニンの生成を抑える作用
  • ヒアルロン酸の2倍の保湿力のあるリピジュア®配合

 

レビューはこちらです

↓↓↓

エトヴォスのバランシングラインを使用してのレビュー

APP-Cフラセラム

APP-Cフラセラム

  • 進化系ビタミンC誘導体APPS配合
  • フラーレン配合
  • 導入型美容液

 

レビューはこちらです

↓↓↓

APP-Cフラセラムはニキビに効果あるのか試してみました!