大人ニキビのケアで化粧品や塗り薬を使う時は正しい順番を意識しなければなりません。

間違ったスキンケアが引き金となってニキビが悪化したり、新たにできたりするので、正しい順番について見ていきましょう。

 

大人ニキビのケアで押さえておきたい順番は?

大人ニキビのケアSTEP1.洗顔で汚れを落とす

顔を洗う女性

大人ニキビにも思春期ニキビにも洗顔は重要で、まず最初に行うスキンケアとなります。

洗顔は皮脂や空気中のホコリなど水性の汚れを落とす役目があります。これらの汚れがお肌へ溜まると、毛穴に詰まってニキビができやすくなるのです。

 

洗顔をする時に押さえておきたいポイントは4つあります。

 

  • しっかりと泡立ててたっぷりの泡で包み込むように洗う
  • 刺激を避けるために洗う時間は1分間~1分30秒程度に留める
  • Tゾーンなど皮脂の分泌量が多い場所から洗い始める
  • 洗浄成分が肌に残らないように丁寧にぬるま湯で濯ぐ

 

また、あまりにも洗顔をやり過ぎていると肌の乾燥の原因となり、乾燥が大人ニキビのもとになることもあるため、基本的には朝(水洗い)と夜の1日に2回で十分です。

 

洗顔料を選ぶ時は、毛穴の汚れをしっかり落とせて、かつ、お肌のうるおいを奪いすぎないものを選ぶようにしましょう。

>>大人ニキビをケアする洗顔料の選び方はこちら

大人ニキビのケアSTEP2.化粧水で潤いを与える

化粧水を手に取る女性

洗顔後は肌の表面から水分が飛んでいる状態なので、直ぐに化粧水で潤いを与えなければなりません。

肌が清潔な状態であれば、化粧水の成分が肌へとスーっと浸透していきます。

 

既に大人ニキビができている方には以下の化粧水がおすすめです。

 

  • セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入っている
  • 肌のキメを整える成分のビタミンC誘導体が入っている
  • バリア機能を低下させるアルコールやエタノールが入っていない

 

化粧水は洗顔料とは違って、保湿成分や美容成分が入っているかどうかで選びましょう。

大人ニキビのケアSTEP3.ニキビ用の塗り薬を塗布する

ニキビ用の塗り薬を使っている方は、基本的に「洗顔」⇒「化粧水」⇒「塗り薬」という順番が正解です。

化粧水の中に入っているのはほとんどが水分ですし、塗り薬の成分とぶつかって妨げてしまう心配はありません。

しかし、様々な種類の医薬品があるので、医師から処方してもらっている方は一度伺ってみてください。

大人ニキビのケアSTEP4.美容液を塗布する

スキンケアの最後として美容液を塗布し、化粧水で与えた水分を閉じ込めて保湿します。

ただ水分を表面に与えているだけでは乾燥が引き起こされやすく、大人ニキビを予防するには保湿ケアを徹底すべきです。

 

テレビや雑誌でも紹介されているラ・ミューテの中には、ここまで紹介したステップに必要な3種類の基礎化粧品(洗顔フォーム、化粧水、美容液)が入っています。

この3つがセットの半額お試しコースは8,550円とお手頃なので、大人ニキビで悩んでいる方はラ・ミューテを使ってみてください。

>>ラミューテ美肌セットの口コミ!大人ニキビが撃退できちゃった!?

 

【関連記事】