便秘が肌荒れに影響しているというデータはないのですが、いくつか説があります。

便秘に悩む女性

 

便秘になりやすい理由はたくさんある

男性よりも女性の方が便秘になりやすいと言われており、
多くの女性が悩んでいる便秘は、腸の病気からくる「器質的便秘」ではなく、
病気ではないのに便秘になる「機能的便秘」と言われています。

機能的便秘になりやすい理由

  • 排便するために必要な筋肉量の不足
  • トイレを我慢するくせがある
  • ダイエットのために食事量が減り、腸の動きが弱まっている
  • 骨盤が広がっており、腸が垂れ下がり、便の通り道が不安定になっている
  • 下剤で便を出すことに慣れており、薬に頼らないと便が出にくくなっている
  • 生理前に分泌が盛んになる黄体ホルモンが便を硬くしてしまう

 

当てはまるものはありませんでしたか?

ダイエット中の方や、足を組んで座るくせのある方は今便秘でなくても、
今後便秘に気を付けなければいけないかもしれないですね。

 

便秘だとどうしてニキビができるのか?

クエスチョンマークの雲

便秘が肌荒れを起こすというデータはないものの、以下のような説があります。

 

  • 便でお腹の血管が圧迫されることで血液の巡りが悪くなり、ストレスホルモンが発生しお肌に悪さをする
  • 老廃物がたまり、有毒な活性酸素が発生し体内に巡る

 

いずれにしても、便秘は美肌の大敵なんですね。

 

便秘を解消する方法

トイレを我慢しない

自由にトイレに行ける環境の方でトイレを我慢するくせのある方は、
まずトイレを我慢するくせをなおしましょう。

水分をしっかりとる

ここで言う水分は、珈琲などの嗜好品ではなく純粋な水です。

1日1リットル以上が理想です。
なかなか大変かもしれませんが、ペットボトルを傍におき意識して飲むようにすると良いです。

可能ならば、マグネシウムが多く含まれているミネラルウォーターを飲むと良いです。
マグネシウムは便を柔らかくする効果があり、病院でも下剤として処方されます。

ミネラルウォーター

野菜から食物繊維をとる

仕事が忙しくてご飯そのものを抜いているという場合は論外ですが、
食事の時間をきちんと確保できていて、野菜をあまり食べていないという方は意識して野菜を食べるようにしましょう。

適度な運動をする

運動をすることで腸が刺激され、ぜん動運動を促します。
また、排便に必要な筋肉が鍛えられます。

運動する時間がないという方は、寝る前に軽くお腹をさすってマッサージしてあげるといいですよ。

サプリを取り入れる

サプリメント

上記で挙げたことを、今の生活に取り込むのはなかなか大変だという方もいらっしゃるかと思います。
そういう方は、定期的に排便できるように下剤やサプリメントをうまく利用しましょう。

注意して欲しいのは、習慣性になりやすい物を選ばないようにすることです。
それがないと便がでないということにならないよう、薬剤師さんに確認して試してみることをおすすめします。

 

まとめ

便秘で肌への影響があることがお分かり頂けたと思います。

できることを取り入れて、健やかなお肌づくりをしていきましょう!