ニキビというと、思春期特有のものだったり、
思春期にニキビに悩まされた人が大人になっても悩まされているものというイメージはありませんか?

 

しかし、実際は違います。

 

思春期にニキビで悩まされたことがないのに、
20代になってからニキビに悩まされる人が多いんです。

 

私自身、思春期にそんなにニキビに悩まされた記憶はありません。
しかし、大人になってからニキビに悩まされることになりました。

ですからニキビは思春期だけのものではないし、
思春期に悩んだ人が大人になってからもニキビに悩んでいるという訳では無いことは分かります。

 

ですが、いざ大人ニキビを改善したいと思った時、
思春期ニキビと大人ニキビの違いが分からないからどんなケアをしたらいいのか分かりませんでした。

そこで、私と同じような方が間違った大人ニキビのケアをして悪化してしまわないように、
大人ニキビと思春期ニキビの違いと、大人ニキビの原因と特徴をまとめることにしました。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い、原因と特徴

大人ニキビと思春期ニキビの違い

分かりやすく表にまとめてみました^^

思春期ニキビ 大人ニキビ
年齢 10代 20代~
原因
  • 皮脂の分泌が過剰になる
  • ターンオーバーの乱れ
  • 乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ
ニキビができる場所
  • Tゾーン
  • Uゾーン
  • 首筋
対策
  • 皮脂と水分のバランスを適度に保つ
  • 角質ケア
  • 保湿ケア
  • 生活習慣の見直し

1.ニキビができる原因が違う

思春期は成長ホルモンの活動が活発になります。

成長ホルモンは体を作るために重要なホルモンですが、
皮脂腺を刺激して過剰に皮脂を分泌させてしまう側面があります。

この過剰に分泌された皮脂が、

毛穴を詰まらせてしまったり、
ニキビの原因になるアクネ菌のエサになり、たくさん増えてしまうことでニキビができやすくなります。

 

過剰な皮脂が原因となる思春期ニキビに対し、大人ニキビは、
お肌の保湿不足による乾燥が原因となることがあります。

それから、生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなどです。

 

大人ニキビには色んな原因があるのですが、いずれにせよ、

お肌のターンオーバーが乱れるなどで角質がかたくなり、
毛穴が詰まってしまうことがニキビを作ってしまいます。

2.ニキビができる場所が違う

表を見て分かる通り、思春期ニキビと大人ニキビはニキビができる場所に違いがあります。

 

思春期ニキビは過剰な皮脂が原因ですので、
皮脂の分泌が多い場所にできやすいのです。

 

それに対して大人ニキビは、
角質がかたくなりやすい場所、つまり乾燥しやすい場所やホルモンの影響を受けやすい場所にできます。

3.ニキビへの対策方法が違う

原因が違うので当たり前ですが、
思春期ニキビと大人ニキビは対策方法が違います。

 

思春期ニキビは顔の皮脂量と水分のバランスが崩れ、皮脂が多くなっていることがいけないので、

  • こまめな洗顔で皮脂を洗い流す
  • 皮脂の分泌を抑える化粧品を使う

といったケアをします。

また、成長期特有のものなので、20歳を迎える頃には自然とできなくなります。

 

大人ニキビの場合は原因が様々で、複雑に絡み合っていることがほとんどなので、
自分に合った方法を見つけることが一番です。

例えば、

・・・とかなわけですw

これだけ原因別に対策があるのが大人ニキビです。
複雑なのがよく分かりますよねw

 

ちなみに私の場合は、

20代の頃はピーリングでお肌のターンオーバーを促進してあげるやり方が効果的でした。
それからリプロスキンなどの導入化粧水を使ってお肌を柔軟にしたり、化粧品の浸透率を高めたりしました。

でも30代になってからは通用しなくなったので、
アンチエイジングもできて、お肌の新陳代謝を高めるプラセンタEGFが入っている化粧品を取り入れたりしています。

 

同じ人でも生活習慣や年齢によって合う化粧品が変わったりするので、
人が違えば合う化粧品が違うのは当たり前です。

あなたの大人ニキビの原因は何なのかを予測して、まず化粧品を試してみてください。

それがダメだったらまた別の予測を立てて、違う方法を試してみてください。

予測と体験の繰り返し、それが一番自分の中にデータが蓄積されて、
大人ニキビを改善する近道ですよ^^